シャーマナイト(ブラックカルサイト)

シャーマナイト原石

シャーマナイトという名前は登録商標で、

※『英:Shamanシャーマン』が由来の命名です。

※シャーマンとはトランス状態に入って超自然的存在(霊、神霊、精霊、死霊など)と交信する現象を起こすとされる職能・人物のことである[1]。 「シャーマン」という用語・概念は、ツングース語で呪術師の一種を指す「šaman, シャマン」に由来し[1][注釈 1]、19世紀以降に民俗学者や旅行家、探検家たちによって、極北や北アジアの呪術あるいは宗教的職能者一般を呼ぶために用いられるようになり、その後に宗教学、民俗学、人類学などの学問領域でも類似現象を指すための用語(学術用語)として用いられるようになったものである[1]

〜ウィキペディアより引用

微細な化石を含む黒い石灰岩で、米国コロラド州のロッキー山脈の自然保護地区のみで産します。

原住民はこの石を災いから身を守る魔除けとして使っていたと云います。

東京のミネラルショーで何回かお見かけし、シャーマナイトの原石や薔薇の形のビーズ等を購入させて頂きました!フロリダ在住マウンテンマークトレーディング社のチャールズA.マーク氏によって世界に広められつつあるパワーストーンです。