ヒノキのブレスレットが入荷致しました!

バリエーション

檜のブレスレット

ヒノキのブレスレット

以下製品に付属している説明書の引用です。

明星

高野山開創1200年記念で建てられた中門に使用されたものと同じ霊木で作られた、数に限りのある大変貴重な一品。弘法大師が悟りをひらいた時、口に明星(虚空蔵菩薩の化身)が飛び込んできたそうです。また檜の玉が明星と呼ばれる金星のような美しさを持つことから名づけさせていただきました。

中門について

中門は、金堂の正面手前の一段低い所に、そびえる五間二階の楼門です。

高野山開創の折、弘法大師が真っ先に整備に着手したといわれる「壇上伽藍(がらん)」の入口に据えられ、長い歴史の中で焼矢と再建を繰り返してきました。

天保14年(1843)年の焼矢から172年ぶり8代目の再建をして完成。

高野山開創1200年記念大法会事業で披露されました。

両脇には、大火の折に運び出され、類焼を免れた持国天像と多聞天像の2つの像が、長い時を経て再び祀(まつ)られています。

高野山の檜

高野山では古来より

  • 杉(スギ)
  • 檜(ヒノキ)
  • 樅(モミ)
  • 栂(ツガ)
  • 赤松(アカマツ)
  • 高野槙(コウヤマキ)

の6種類の針葉樹を育て寺院建設に用いるため伐採を制限してきました。

これらの樹木を高野六木として、大切に保護育成、寺院の建築復興のために用いています。

ご使用について

天然の木を使っております。水やお湯などに浸さないようにして下さい。また極度の湿気、乾燥した場所に保管しないで下さい。

香水など使用はお控え下さい。変色や傷みの原因となります。

高野山の歴史

お大師さま(弘法大師)が下賜され、修禅の道場として開いた日本仏教における聖地。

高野山を弥勒浄土とする信仰や阿弥陀浄土とする信仰と合いまって、一般民衆の信仰と尊敬を集め、千年以上も前から、現在に至るまで多くの人々のお参りが絶えません。

2004年にユネスコの世界遺産に登録されて以来、世界各国からたくさんの方が訪れています。