ラピスラズリ(青金石)のブレスレット

決して太陽を失ったことで泣いてはいけない。星を見ようとするのを、涙が邪魔してしまうから。ラビンドラナート・タゴールインドの詩人・思想家

辛い事があったにせよ、悲嘆に暮れるだけでいたら次に繋がる希望を見過ごしてしまうという様な名言です。

アラビアの夜空と称される高品質のアフガニスタン産ラピスラズリのブレスレット

ラピスラズリのブレスレット 販売中

ラピスラズリ ブレスレット

青金石 ブレスレット

アフガニスタン産 ラピスラズリ

  • 英名:Lapis-Lazuli (Lazurite) ラピス-ラズリ(ラズライト)
  • 和名:青金石(せいきんせき)
  • 成分:複数の青色の鉱物から成る(ラズライト、アウイン、ソーダライト、ノーゼライト)
  • 結晶系:鉱物の集合体の為にラピスラズリとしての結晶はなく、他の青色の鉱物による結晶は存在する
  • 硬度:5~5.5
  • 比重:2.38~2.95
  • 屈折率:1.65~1.90
  • :紺青色ベース。黄鉄鉱(パイライト)の金色斑、母岩の方解石(カルサイト)の白色部分が存在する
  • 主な産地:アフガニスタン、ロシア、チリ、カナダ、ミャンマー、アルゼンチン、イタリア、アメリカ、アンゴラ
  • 日本産:産出なし
  • 象徴:健康、愛和 日本では、ターコイズと共に12月の誕生石に定められています。

通称ラピスLapis(石)ラズリLazuli(群青)の正式名称はラズライトLazurite(青金石、瑠璃)といいます。Lazuriteですよ。Lazuliteという青い石もありますがこちらの和名は天藍石で、ラピスラズリとは全く異なるリン酸塩鉱物です。

良く知っている人は省略してラピスと呼んでいます。語源はラテン語のLapis(石)とペルシア語のLazward(空のような青)に由来します。美しく深い群青色はアラビアの夜空と表現されるほど見事なものです。 主に熱変成を受けた石灰岩中にみられ、多くは塊状ですが十二面体結晶を示すこともあります。アフガニスタンからシルクロードを通りヨーロッパへ渡り、最終的には海を越えて伝えられたことからウルトラマリンブルー(海を越えてきた青い宝石という意味がこもっている)とも呼ばれる天然石です。

グレーや白色の斑紋や縞目が多くなったラピスラズリはラピスマトリクスと呼びます。

ラピスラズリは、パワーストーンとして扱う人々にとっても、鉱物収集家にとっても高い位置に置かれている高貴な天然石です。石言葉はお店や書籍、インターネット情報によって云われの違いがありますが、大体は「悪運を寄せ付けない護符」というものが有名です。それゆえ石屋で販売されている質の良い(群青色が濃い)ものは非常に価値が高く、高級品として扱われています。

スタジオジブリの映画「天空の城ラピュタ」で登場する架空の石「飛行石」なるものもこのラピスラズリをモチーフにしたという説があるし、「耳をすませば」でもしずくの発言ででてくるので天然石というもの自体はマイナーな世界ではありますが天然石の中ではポピュラーな石です。

バビロニアやエジプトではラピスラズリを粉末状にしたもので壁画を描き、日本においても古くから岩絵の具として使われました。有名な話ですとツタンカーメンの埋葬用仮面にも金とこのラピスラズリが使われていました。そう聞くとあぁ、あの青い部分はこれなんだと気づく方が多いと思います。ゴールドは太陽神ラーを象徴し、ラピスラズリは太陽神の鷹を表していたとされます。つまり太古から現在に至るまでに人々に愛され、魅了してきた天然石なのです。

しかし高価な石にどうしても付きまとう宿命が、偽物や模造品の類です。主にアクセサリーや加工品に多いのですが例を挙げますと

  • 安価なハウライトという天然石を着色したハウライトラピス。(これはハウライトのラピスカラーとして売り買いすれば問題ないが、ラピスラズリとしては×)
  • 実際のラピスラズリを染め足したもの。(偽物だとはいわないけれど、天然のラピスラズリだけど品質を良く見せる為に染めたんだと説明してくれれば問題ないが、天然のラピスラズリですとだけ表示されていると天然色だと勘違いしてしまいます)

石言葉やエネルギーの特性で情報を集めたものです。

  • 幸運の象徴
  • 人格的成長の促進
  • 肉体、情緒、精神、霊性の調和
  • 邪気祓い
  • 洞察力、決断力を養う
  • その人の抱える本質的な課題を表面化させる

Atelier JEU.com