クォーツinクォーツとは?

その名の通り、水晶の結晶の中に水晶の結晶が取り込まれている水晶です。

貫入水晶とも呼ばれていて、その種類は様々です。

  • マニフェステーション】結晶の中に別の結晶が完全に取り込まれているもの
  • インター・グロウン】結晶の中に別の小さな結晶が刺さったように貫入しているもの
  • マリッジ】水晶が刺さった内部が見え、外部にも突き出している状態のもの
  • ペネトレイター】「panetrate」(貫通する)の意味の通り、水晶が水晶を貫き通した形。少なくとも、かなり深くめり込んでいるもの。

ペンダントトップが入荷しました。

こちらはマクロレンズ撮影による裏面のアップ写真です。上の種類から言うと、マニフェステーションクォーツにあたります。

水晶の中に水晶の結晶が入っているのがハッキリとわかりますね!右下から左上にむけて伸びていて、きちんとポイント型が確認できる美しい一品です!

特に表裏の定義はないのですが、比べると丸みの厚みが薄いのと、silver925の刻印がこちら側にあるので裏面としました。

勿論表面も綺麗なのですが、ズーム写真がたまたま裏面の方がよく撮れたのでアイキャッチピクチャーとして1番上に貼り付けました。

正面はこちらです。右上にもメインより小さな結晶が入っています。

ここだけの話、右上の小さな結晶にはレインボーが現れます。角度を変えて観察しているとキラリと虹が出てきます。

しかし、それは僕が探すのが得意であって、大げさに目立つ『ウリ』ではないので、販売の説明欄(ヤフオク)には割愛させて頂きました。

見えないと言われては困りますので。

でもこの付加価値を知らずとも、メインの結晶だけで十分に満足頂けるお品物です!

クォーツインクォーツの名が広まり始めの頃は、その名前だけが独り歩きをし、流通量が極端に少なく、実物を目にすることが容易ではありませんでした。

恥ずかしながらぼくも始めの頃は

  • 『ファントムの別名?』
  • 『水晶水晶って、水晶と何が違うの?』

なんて思っていたものです。

その時にはまさしく水晶の中に水晶が入っている美品に巡り合うとは想像もつかなかったです。

ようやく今では名前も定着し、見かける様になりましたがまだまだ流通量が少ない為に高値で取り引きされています。

最近クォーツインクォーツばかりを仕入れたのですが、結構レインボー効果が確認できるものばかりです!

石言葉(意味、効果・効能を促すものではないです)

  • 強い浄化力
  • 集中力
  • 新しい可能の扉を開く
  • 冷静に物事を判断できる
  • 潜在能力が判断できる

Atelier JEU.com