インカローズ(ロードクロサイト)アルゼンチン産のブレスレット

石言葉(意味、効果・効能等の象徴)

情熱の薔薇というに相応しいこの石の意味合いは

  • ソウルメイト(魂を通じたパートナー)との出会いや良き関係
  • 大切な人との幸せを分かち合える
  • 勝利を導く
  • などなど、喜ばしい石言葉の数々が存在します。

    インカローズ ブレスレット

    インカローズ アルゼンチン産 ブレスレット

    ロードクロサイト ブレスレット

    ギリシャ語で薔薇を意味するrhodeと色を意味するchromが由来で、菱形の結晶をするものがあることから命名されました。

    結晶は菱面体が多いですが、層状、塊状、葉片状、鍾乳状、ぶどう状などの集合体でも見られます。

    • 英名:Rhodochrosite(ロードクロサイト)
    • 和名:菱マンガン鉱(りょうまんがんこう)
    • 成分:Mn[CO3]
    • 結晶系:六方晶系
    • 硬度:3.5~4
    • 比重:3.40~3.72
    • 屈折率:約1.73
    • 色:ピンク色、帯橙ピンク色、褐色、黄褐色
    • 産地:アルゼンチン、アメリカ、南アフリカ共和国、日本、メキシコ、オーストラリア、ギリシャ、ルーマニア、ペルー、ハンガリー、ガボン、ロシア、インド
    • 日本の産地:北海道稲倉石鉱山、青森県尾太鉱山、茨城県高取鉱山、秋田県尾去沢鉱山、山形県大泉鉱山

    方解石のカルシウムをマンガンで置き換えた鉱物で、マンガン鉱石となります。

    低温~中温の熱水鉱床や層状マンガン鉱床、スカルン鉱床などで産します。

    へき開は三方向に完全で、光沢はガラス~真珠。ロードクロサイトを採掘した世界最古の鉱山であるアルゼンチンのサンルイス州で石筍状の原石が発見されてから、装飾用に使われるようになりました。

    また、輪切りにするとカーネーションの花のような美しい模様が現われ、またたく間に人気に火がつきました。その後、層状の原石を研磨すると、今度はバラの花に見える模様が現われる事が発見され、更なる宝飾用途の可能性が広がっていきました。

    それ以来、「インカの薔薇~Inca rose」や「ロジンカ~Rosinca」と呼ばれるようになり、日本でもロードクロサイトよりインカローズの名前の方が有名で流通が多いです。

    こちらで販売しています。

    Atelier JEU.com